2016年02月01日

イケダハヤト「まだ東京で消耗してるの?」あらすじ

東京はもう終わっている。

少ない給料のほとんどは住居費などの

「東京に住むための経費」に吸い取られ、

生活ストレスはひどく、

食も貧しい。

そんな東京に嫌気が差し、

縁もゆかりもない高知県の限界集落に移住した著者は、

家賃が8万円から3万円に下がり、収入は約3倍になり、

自然豊かな環境で家族と幸せに暮らしている。

増えない貯蓄、行きつまる仕事、苦しい子育て…全て移住が解決した。

環境を変えるだけで人生はうまくいく

なんで、さっさと移住しなかったのだろうと著者は感じ、

「東京」と「地方」の常識が変わる画期的な一冊です。

まだ東京で消耗してるの? [ イケダハヤト ]

私個人が感じたことなんですが、

中学生、高校生の頃は社会に出たら

大阪、東京に出て仕事をしようと思っていたのですが、

最近では都会が嫌になって田舎にいく人が

増えている傾向があるのですね。

東京中心の価値観ではこのような事は批判されがちなんでしょうが、

車を持っていれば、さほど交通の不便さは感じないでしょうし、

最近の田舎でも光ファイバーで1GBPSくらいの

高速インターネットが使えたりインフラ整備も

整ってきていると思います。


あとはやはり物価の問題ですよね。

東京の半分くらいで良いものが手に入り

食することが出来たりする訳で

「お金の価値」が変わっていくでしょう。


同じ100万円でも東京の100万円と地方在住の

100万円では価値が全く変わっていくと思います。

これに気づき始めた人が増えてきているのでしょう。


そして地方の綺麗な自然を満喫すればいろいろな関係の

イライラやストレスも無意識のうちになくなっていくのでしょう。





posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

西加奈子「きりこについて」あらすじと感想


小学校の体育館裏で、

きりこが見つけた黒猫ラムセス2世はとても賢くて、

大きくなるにつれ人の言葉を覚えていった。

両親の愛情を浴びて育ったきりこだったけれど、

5年生の時、好きな男の子に「ぶす」と言われ、

強いショックを受ける。

悩んで引きこもる日々。

やがて、きりこはラムセス2世に励まされ、

外に出る決心をする。

きりこが見つけた世の中でいちばん大切なこととは?





タイトルが『きりこについて』、

すなわち『きりこ』という女の子の成長の記録です。

きりこはブスで、それにより苦しむがそれを乗り越えるという

ありきたりといえばありきたりのストーリーです。

前半、主人公きりこののブス加減がこれでもかとばかりに

繰り返されます。

そもそもブスとは なに?

人間の容れものと中身。

人にとっての美醜とは。

その人がその人としてある存在の意味...などなど

『猫の視点』を挟むことで絶妙なバランスをとっているようにも感じました。

きりこについて [ 西加奈子 ]


読者からの熱烈な支持を受け、ついに文庫化です。




posted by itoksfan at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

富樫倫太郎「ファイヤーボール」あらすじ。KY刑事が魅力

所轄の窓際部署にやってきたキャリア警察官・小早川冬彦。

マイペースな変人だが心を読み取るスペシャリストだった。


「SRO」シリーズの著者が描く警察小説です。


署内の役立たずを集めた島流し部署、

生活安全課のなんでも相談室・通称0係。

そこに異動してきたキャリアのKY刑事・小早川冬彦。



島流し部署としての変わり者のキャリアというのは

よくある設定ですが、

小早川冬彦のプロファイリングと些細な事件にも

型破りに立ち向かう正義感は面白いです。

プロファイリングということで主人公の小早川冬彦の

人を食った感じが面白いです。


また人の心の動きにも敏感で小さな事件に隠された

重大な事柄にも見事に気がつきます。




そんなつもりはないのだろうけれど、

人の欠点を指摘したり物事を大げさにしたりして、

ワザとしているかと思わせるようで空気が読めない。

その矛盾が面白い。


小さな事件と、放火事件、警察内部の事件が

すべてつながって行くラストはとてと痛快に思えるはずです。


また2016年1月から主人公の小早川冬彦に小泉孝太郎、

ベテラン刑事な松下由樹さんらが出演しドラマ化も始まっています。

生活安全課0係 ファイヤーボール [ 富樫倫太郎 ]




posted by itoksfan at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徒然なる・・・戯言たち。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。