2016年05月24日

氷室京介ラストライブ。ラストは「B・BLUE」布袋さんの飛び入りもなく…

氷室京介がライブ活動無期限休止前最後の公演

「LAST GIGS」を東京ドームで行った。


これで氷室さんをステージで見ることは無くなったのかな…。



1988年4月にBOOWYの解散ライブを行った場所でもあり、

以後ソロアーティストでは最多12度の公演を行っていたそうです。



名言「ライブハウス武道館へようこそ!」が有名ですよね。

BOOWY世代のバンドマンは必ず口にしていると思います。

L'EPILOGUE (初回限定盤 3CD) [ KYOSUKE HIMURO ]
価格:3996円(税込、送料無料)





「ONLY YOU」「ANGEL」などバンド時代、

ソロの曲を織り交ぜる最高のステージで、

5万5000人の観衆と盛り上がりました。



アンコール最後の曲はBOOWYの頃の「B・BLUE」、

たしかBOOWYのLAST GIGSではオープニング。


何か意味ありそうに思えます…。


結局、BOOWYの再結成はなかったのが悲しい40代の私…。


布袋さんが最後のステージで飛び入り…と期待していたかたも

多かったと思いますが…それもなく…。

2人のステージが最後に見たかったですよね。

「IMAGE DOWN」ってね。

東京ドーム最終日のセットリストは以下の通りです。

01. DREAMIN'
02. RUNAWAY TRAIN
03. BLUE VACATION
04. TO THE HIGHWAY
05. BABY ACTION
06. ROUGE OF GRAY
07. WELCOME TO THE TWILIGHT
08. MISS MYSTERY LADY
09. "16"
10. IF YOU WANT
11. LOVER'S DAY
12. CLOUDY HEART
13. LOVE & GAME
14. PARACHUTE
15. BANG THE BEAT
16. WARRIORS
17. NATIVE STRANGER
18. ONLY YOU
19. RENDEZ-VOUZ
20. BEAT SWEET
21. PLASTIC BOMB
22. WILD AT NIGHT
23. WILD ROMANCE
24. ANGEL
<アンコール>
25. The Sun Also Rises
26. 魂を抱いてくれ
27. IN THE NUDE
28. JEALOUSYを眠らせて
29. NO.N.Y.
<ダブルアンコール>
30. VIRGIN BEAT
31. KISS ME
32. ROXY
33. SUMMER GAME
<トリプルアンコール>
34. SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL
35. B・BLUE



posted by itoksfan at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

気になるおデブ信江勇がかわいい


またまたテレビ朝日系「ロンドンハーツ」で

「動けるおデブ女王決定戦」が行われます。

前回も面白かったですね。



なかでも女芸人ばかりの中、一人だけ気になる人がいたかと思います。

ちっちゃくて丸くて手足が短くてかわいい人が。



そう…信江勇さんです。

本業は
女優さんです。

朝ドラも出演している経歴の持ち主です。



しかもめっちゃダンスも上手でめっちゃ動ける、運動神経抜群ですね。

でも…やはりあの体格なのでスタミナは…ですね。




彼女はとても気になっていましたし、

放送後ネットでは大きな話題と
なっていましたね。

何をやってもコロコロしていてかわいいキャラクターのようになっていましたね。

今回も楽しみです。





posted by itoksfan at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

ネスタブランドはB系、ストリート系でもカジュアル風でも着こなす


ネスタブランドは基本レゲエミュージック系ファッションブランドですが、

アメリカのニューヨーカーのファッションというより

下町の普段からの格好というような自然発生的なファッションと言えるでしょう。


アメリカで一番影響を受けやすいファッションといえばミュージシャンやスポーツ選手。

ヒップホップ系のファッションは特にスポーツ選手にはかなり影響を受けていますね。


アメリカの四大スポーツ、メジャーリーグ、アメフト、NBA、アイスホッケー。

アフリカ系選手が多く占められているので影響力はかなりあります。

インタビューを受けている有名選手もよく

ネスタブランドを着ている姿を見かけることがあります。



レゲエ系要素が強くてもろにB系や、

ストリート系という風にとられがちですが、

着る人によると思います。



着方によってはB系もいけますが、

ストリート系やサイズをタイトに行けば

カジュアル風にも全くいけると思います。



NESTA BRAND(ネスタブランド)とは?




ネスタブランド(NESTA BRAND)は2000年アメリカ・カリフォルニア州のCOSTA MESAにて設立したストリートウェアブランド。

ブランド名のNESTAはBOB MARLEY(本名:ROBERT NESTA MARLEY)の

ミドルネームから由来しており、

その名の通りレゲエ・ミュージックと強い結びつきを持ったアイテムで人気を集める。

メインコンセプトは【HIGH STANDARD URBAN CULTURE】。


サーフやスケートと言ったあらゆるストリートカルチャーと

レゲエミュージックのインスピレーションを融合させたシンプルで革新的なアパレルを展開し、

日本のストリートシーンに於いもて欠くことのできないブランドとして幅広く認知されている。

数々のクラブイベントや自らのスケートチーム等でストリートシーンを活性化。

日本国内の現代・次世代を担うアーティスト・スケーター・サーファーなど

プロプレイヤーのサポートも幅広く行い、

ストリートカルチャーと結びつきの強い

音楽・エクストリームスポーツシーンもサポートするストリートに

大きな影響を及ぼす最重要ブランドのひとつ。

BUJU BANTON、BEENIEMAN、SEAN PAUL、

などレゲエの本場ジャマイカのトップレゲエアーティスト達も

数多くサポートしていることで世界中の多くの

レゲエファン達からも絶対的な知名度を誇ります。



posted by itoksfan at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

富樫倫太郎「ファイヤーボール」あらすじ。KY刑事が魅力

所轄の窓際部署にやってきたキャリア警察官・小早川冬彦。

マイペースな変人だが心を読み取るスペシャリストだった。


「SRO」シリーズの著者が描く警察小説です。


署内の役立たずを集めた島流し部署、

生活安全課のなんでも相談室・通称0係。

そこに異動してきたキャリアのKY刑事・小早川冬彦。



島流し部署としての変わり者のキャリアというのは

よくある設定ですが、

小早川冬彦のプロファイリングと些細な事件にも

型破りに立ち向かう正義感は面白いです。

プロファイリングということで主人公の小早川冬彦の

人を食った感じが面白いです。


また人の心の動きにも敏感で小さな事件に隠された

重大な事柄にも見事に気がつきます。




そんなつもりはないのだろうけれど、

人の欠点を指摘したり物事を大げさにしたりして、

ワザとしているかと思わせるようで空気が読めない。

その矛盾が面白い。


小さな事件と、放火事件、警察内部の事件が

すべてつながって行くラストはとてと痛快に思えるはずです。


また2016年1月から主人公の小早川冬彦に小泉孝太郎、

ベテラン刑事な松下由樹さんらが出演しドラマ化も始まっています。

生活安全課0係 ファイヤーボール [ 富樫倫太郎 ]




posted by itoksfan at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

奥田英朗「沈黙の町で」あらすじ


中学二年生の名倉祐一が部室の屋上から転落し、死亡した。



屋上には五人の足跡が残されていた。



事故か?自殺か?それとも…。



やがて祐一がいじめを受けていたことが明らかになり、



同級生二人が逮捕、二人が補導される。



閑静な地方都市で起きた一人の中学生の死をめぐり、



静かな波紋がひろがっていく。



被害者家族や加害者とされる少年とその親、学校、



警察などさまざまな視点から描き出される傑作長篇サスペンス。


感想はと言うと

中学生の気持ち、世界がリアルに描かれています。

イジメは、この小説のように罪の意識のない

悪意の中から生まれてきたのかも知れないと考えさせられます。

イジメを肯定するつもりはないけれど、

イジメッ子が絶対悪というのでもないのかも知れないとも

考えされられます。


生徒たち、被害者の親、被疑者の親、先生、記者・・・

いろんな立場の人が出てくるが、

それぞれの気持ち・行動が理解できる内容だと感じ、

いろんな立場で考えることのできる一冊になっています。

沈黙の町で [ 奥田英朗 ]



ーー著者についてーー

奥田英朗
1959年生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て、

1997年に『ウランバーナの森』でデビュー、作家活動に入る。

2002年に『邪魔』で大藪春彦賞、

04年に『空中ブランコ』で直木賞、

07年に『家日和』で柴田錬三郎賞、

09年に『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞受賞



posted by itoksfan at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

トムとジェリー に描かれている社会風刺。皮肉たっぷりのユーモアを見つけられる?







今や小さな子供に大人気の「トムとジェリー」

ショップの前にテレビに流していると

沢山の子供が座り込んだりして立ち止まって見てますよね。


私の子供頃にも夏休みなどにテレビで放送されてました。

知ってました?

あのアニメにはさまざまな社会風刺など描かれていること…



ただのネコとネズミの追いかけっこじゃ無くて

ネコのトムはアメリカ,イギリス、

ずる賢いのネズミのジェリーはドイツに例えられ、

当時のアメリカでは考えられない優雅な暮らしをしている黒人が

トムの飼い主だったりしていること…

まだまだ観ていると見つけられると思います。

posted by itoksfan at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

髪型、化粧が崩れないネックウォーマー

急に寒さが増しましたね。

マフラーは長くて嫌なので手頃なネックウォーマーが便利です。

上質な素材を使用した前ボタン付きのネックウォーマーです。

裏地は肌触りの優しいマイクロボア素材でふわふわ感たっぷりで暖かいです。

前ボタン付きだから髪型も、化粧も崩さず簡単に装着できるのが嬉しいポイントです。

コーディネートのアクセントになる柄は全部で4種類、男性にも女性にも使って頂けるアイテム。

この冬欠かせないあったかほっこりネックウォーマーです♪

前ボタン付きでコーデにアクセント。暖かいだけじゃない!こだわりネックウォーマー。

オシャレに暖かく決めましょう!






posted by itoksfan at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

ミネット・ウォルターズ「悪魔の羽根」あらすじ


国際報道に携わる女性記者が紛争地で監禁される。

解放後、英国で暴力の記憶に苦しむ彼女に、

隣人を巻き込んだ対決の時が迫る。

男性と女性、加害者と被害者、

命ずる者と従う者という非対称な関係を

覆すべく反撃するヒロインを描く心理サスペンス。



posted by itoksfan at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

小佐田定雄「米朝らくごの舞台裏」あらすじ


上方落語中興の祖・桂米朝が語った芸談や余談、

雑談、思い出話を、

「一文笛」「はてなの茶碗」「百年目」など

40席のネタごとに綴った。


「米朝師には人の意見にとりあえず反対する

というヘソマガリな癖がある」と書けるのは、

親しく教えを受けてきた落語作家ならでは。

巻末に、活字、音源、映像についての情報もある。

米朝らくごの舞台裏 [ 小佐田定雄 ]




posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

澤田幸男「腸が寿命をきめる」あらすじ


腸は、植物の栄養と水分を摂り込むほぼ唯一の器官であり、

極めて重要な存在だ。


腸が汚れ十全な働きができなくなると、

糖尿病やガン、アレルギーなど

様々な病を発症する危険が高くなるという。

腸を綺麗に保ち、病気を防ぐ方法を伝授する。

腸が寿命を決める [ 澤田幸男 ]




posted by itoksfan at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

NHK「哲子の部屋」制作班あらすじ

NHK・Eテレで2012年な放送が始まった

教育番組「哲子の部屋」の過去の収録をまとめた。


人気哲学者の国分功一郎氏らが

哲学のさまざまな概念を解説。

聞き手の女優・清水富美加さんと、

タレントのマキタスポーツさんの

率直な疑問に明快に答えていく。


哲学とは何か、と考える第1巻では、ドゥールズの「概念」を解説。

同時に、2巻「人はなぜ学ばないといけないの?」と

3巻「本当の自分って何?」も発売されました。

哲子の部屋(2) [ 日本放送協会 ]




posted by itoksfan at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

金森修「科学の危機」あらすじ


科学のもつ普遍性や客観性、

実証性などの「古典的規範」には、

原爆開発で大きなひびがはいった。



研究体制が国家戦略や投資と結びついた現代では、

さらに大きな変質がもたらされた。



原発政策を巡って社会全体との関係が問われる

科学に対する文化的批判の系譜を、

第一次大戦の毒ガス開発研究や

日本の戦後における議論などにたどる。




posted by itoksfan at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

椹木野衣「アウトサイダー・アート入門」あらすじ



無垢や純粋のニュアンスで教育や福祉と結びつく

「アール・ブリュット」てはなく、

負のニュアンスをもつ「アウトサイダー・アート」。




社会からの断絶や孤絶の体験で培われた

逸脱者だからこその表現手法数々。



山下清、ヘンリー・ダーガー、

渡辺金蔵、出口なお、出口王仁三郎、

三松正夫らの作品と生涯をたどる。

アウトサイダー・アート入門 幻冬舎新書 / 椹木野衣 【新書】



posted by itoksfan at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

「プータンとしんごうのパックン」あらすじ


しんごうのパックンは、

みんなと遊びたかったのです…。

さあ、交通公園ごっこのはじまりです。


「青はすすめ、黄色はちゅうい、赤はとまれ」


お話に合わせて信号をおしえてね。

プ-タンとしんごうのパックン [ 奈良坂智子 ]

たのしく交通ルールが身につきます。



posted by itoksfan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

長新太「みんなでつくっちゃった」あらすじ



森に新聞がたくさん落ちていましたが、少したつとなくなっていました。


「いばってあるく ねこのぼうしを みてちょうだい」

新聞が猫の帽子に!

うさぎのドレスになったり、ねずみの家になったり。

絵本と一緒に新聞紙でいろいろつくりたくなるはず!

みんなでつくっちゃった [ 長新太 ]



posted by itoksfan at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

黒柳徹子「トットひとり」あらすじ


「ザ・ベストテン」の日々、

テレビ草創期を共に戦った森繁久彌、

毎日のように会っていた向田邦子、

「私のお兄ちゃん」の渥美清、

「母さん」の沢村貞子、

そして結婚未遂事件や、

現在の心境までを熱く率直に

綴るメモワールです。



posted by itoksfan at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

柏木博「家事の政治学」あらすじ


家事は、市場労働の枠外に置かれながら、

産業社会の進歩と密接に関わってきた。


家事がどのように捉えられ、

実践され、合理化と省力化が計られてきたか。

東西の家政学者、建築家、

メディアなどの試みを紹介しつつ、

その軌跡を追う。




posted by itoksfan at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

サラ・グラン「探偵は壊れた街で」あらすじ


探偵クレアは、ハリケーンで破壊された

ニューオリンズで行方不明になった地方検事補の

捜査を依頼され、足跡をたどる。

夢や無意識も手がかりとする風変わりな操作方法は、

少女時代に読んだ伝説の書と亡き師の教えに導かれたもの。

探偵は壊れた街で [ サラ・グラン ]

独自の美意識で行動するクールな女性探偵を描く。




posted by itoksfan at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志村真介「暗闇から世界が変わる」あらすじ


光を完全に遮断した空間にグループではいり、

視覚障害者に付き添われながら様々なシーンを体験する

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク(暗闇の中の対話)」。

ドイツ発のワークショップ型イベントを日本で常設化した著者が、

その経緯と理念を語る。


イベントの参加者の多くは、

自分の無力さを実感し、

生き方を変えるきっかけを得るという。




posted by itoksfan at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

川上量生「コンテンツの秘密」あらすじ


ドワンゴ会長の著者が、

興味津々でスタジオジブリのプロデューサー見習いに。

ユニークな作り手たちとの交友を通して、

アニメの情報量をメリハリをつけて表現する手法や、

実感を伴う動きが、人の「脳」に形成されるイメージと

どのように関わっているかなど、

創作の秘密に迫る。

コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと/川上量生



posted by itoksfan at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徒然なる・・・戯言たち。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。