2016年02月20日

安藤宏『「私」をつくる 近代小説の試み』あらすじ


小説とは言葉で世界をつくること。

その仕掛けの鍵は、「私」―。

日本近代小説の歴史は、

明治期に生まれ普及した言文一致体によって、

いかに「私」をつくりだすかという作家たちの

試行錯誤の連続であった。


「私」とは何か、小説とは?漱石や太宰らの作品を鮮やかに分析。

近代小説の本質に迫る、全く新しい小説入門です。

「私」をつくる [ 安藤宏 ]


NHK総合「ひるまえほっと」に女優の中江有里さんが出演し

「ブックレビュー」コーナーで紹介していた一冊です。


近代小説で描かれる「私」とは誰なんだろうと探って行く一冊。


“言文一致運動”からはじまった日本の近代小説は、

「私」をいかに作り出すか、試行錯誤の連続だったという。

川端康成の『雪国』冒頭の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

この有名な一文は主語がなくても、

列車から「私」が眺めている景色だとわかりますよね、と中江さん。

中江さん自身も小説を書く際、

「私」という主語をなるべく使わずに書こうとしていると告白。

日本語はそれでも誰が話しているかわかるんですよね、

と「私」に注目して読むことの面白さを語った。

また作者自身の人となりが良く知られている近代では、

作者と主人公の「私」は同一の人物なのか、そう読んでもよいのか?

それもひとつの問題だと指摘。


中江さんは同書を小説を書く立場としても刺激的だったし、

読む方としても近代小説の読み方が変わってくる一冊ではないか、

と解説していました。



posted by itoksfan at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

柚月裕子「孤狼の血」あらすじ


昭和六十三年、広島。

所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、

ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、

暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を

担当することになった。


飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す

大上のやり方に戸惑いながらも、

日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。

やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。

衝突を食い止めるため、

大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。

正義とは何か、信じられるのは誰か。

日岡は本当の試練に立ち向かっていく…。


これまでの柚月裕子の作品とは全く違う世界のハードな警察小説。

「仁義なき戦い」が浮かびました。

日誌ミステリーとしても面白いし、

全編に渡り計算された構成が凄いと感じ、スピード感もあります。

とてもリアリティーがありフィクションであるとわかっていながら、

ついつい現実かと紛うばかりにのめり込んでしまいます。


どっちがヤクザなのかっていうぐらいのアウトロー刑事と

正義感の塊の新米刑事がヤクザと立ち向かう任侠ミステリーです。

広島弁とヤクザで昭和感たっぷりで泥臭い雰囲気と

血生臭さが混ざった話でした。

物語の最後の最後に見つかるある仕掛けが…

「孤狼の血」という題名が最後にわかるかと思います。

続編期待したい一冊です。

孤狼の血 / 柚月裕子




posted by itoksfan at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

原宏一「握る男」あらすじ


昭和56年初夏。

両国の鮨店「つかさ鮨」の敷居をまたいだ小柄な少年がいた。

抜群の「握り」の才を持つ彼の名は、徳武光一郎。

その愛嬌で人気者となった彼には、稀代の策略家という顔が。

鮨店の乗っ取りを成功させ、黒い手段を駆使し、

外食チェーンを次々手中に収める。

兄弟子の金森は、その熱に惹かれ、彼に全てを賭けることを決意する。

食品業界の盲点を突き成り上がった男が、

全てを捨て最後に欲したものとは。

異色の食小説誕生。


一代で何かを成し遂げるためには、

こんな要素を持っていなければならないんだろうと考えさせられます。


どのように成り上がり、

そして落ちてしまったのかを

一気に知りたくなるような気分にさせます。



最終的には両者共幸せとは言えない状態に置かれるが、

上を目指し力を尽くしてきた27年間。

波乱万丈な人生ではあったが、

そういった経験もまた良かったのではないかと、

人生って何なのかと考えさせられる作品です。

世代や性別を問わず楽しめる小説だと思います。

握る男 [ 原宏一 ]





posted by itoksfan at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

椎名誠「ぼくがいま、死について思うこと」あらすじ


「自分がいつか必ず死ぬ」と意識した時何を思い、何が変わったか。

幾度かの死にかけた経験、母の死の予知夢、

友人との思いがけない別れなどの個人的体験から、

世界を巡る旅で接した異文化の弔いのさまざまな形まで、

著者が向き合った「死」を通して現代における生と死を問う。

ぼくがいま、死について思うこと [ 椎名誠 ]




posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

堂場瞬一「傷」あらすじ


膝の手術に失敗したプロ野球界の看板選手。

再起を目指すなか、「わざとミスをされた」

と担当した医師を刑事告発するという前代未聞の事態に。

そしてスポーツ医学界の権威だった担当医は失踪する。

警察、新聞はそれぞれの筋から探るが、真相は見えない。


成果に飢える若手刑事とアラサー女性記者の

意外なコンビが成立するのか。

女性記者・西潟理恵に導かれるようにして、

初事件にして難事件に取り組む新人・青井刑事の成長が清々しい、

新たなる堂場エンターテインメント!

プロ野球界が舞台になった事件を描いている作品です。

怪我の治療が医療ミスにつながっていく

なんとも複雑な展開になっています。



若い刑事と女性記者の事件へのアプローチが面白く、

この先の2人のコンビが見てみたいと思えました。


なかなかいいコンビの誕生で、

続編もあるような終わり方。


シリーズ化もありそうかなと思いました。

警察と記者が一緒に事件解明を目指す…よくある感じで、

二時間ドラマ見てる感じで楽しめます。


中盤まではなかなか捜査が進まずモヤモヤしてしまう

展開かもせれませんが終盤に一気に話が明らかになっていきます。

傷 [ 堂場瞬一 ]




posted by itoksfan at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

イケダハヤト「まだ東京で消耗してるの?」あらすじ

東京はもう終わっている。

少ない給料のほとんどは住居費などの

「東京に住むための経費」に吸い取られ、

生活ストレスはひどく、

食も貧しい。

そんな東京に嫌気が差し、

縁もゆかりもない高知県の限界集落に移住した著者は、

家賃が8万円から3万円に下がり、収入は約3倍になり、

自然豊かな環境で家族と幸せに暮らしている。

増えない貯蓄、行きつまる仕事、苦しい子育て…全て移住が解決した。

環境を変えるだけで人生はうまくいく

なんで、さっさと移住しなかったのだろうと著者は感じ、

「東京」と「地方」の常識が変わる画期的な一冊です。

まだ東京で消耗してるの? [ イケダハヤト ]

私個人が感じたことなんですが、

中学生、高校生の頃は社会に出たら

大阪、東京に出て仕事をしようと思っていたのですが、

最近では都会が嫌になって田舎にいく人が

増えている傾向があるのですね。

東京中心の価値観ではこのような事は批判されがちなんでしょうが、

車を持っていれば、さほど交通の不便さは感じないでしょうし、

最近の田舎でも光ファイバーで1GBPSくらいの

高速インターネットが使えたりインフラ整備も

整ってきていると思います。


あとはやはり物価の問題ですよね。

東京の半分くらいで良いものが手に入り

食することが出来たりする訳で

「お金の価値」が変わっていくでしょう。


同じ100万円でも東京の100万円と地方在住の

100万円では価値が全く変わっていくと思います。

これに気づき始めた人が増えてきているのでしょう。


そして地方の綺麗な自然を満喫すればいろいろな関係の

イライラやストレスも無意識のうちになくなっていくのでしょう。





posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徒然なる・・・戯言たち。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。