2015年11月28日

髪型、化粧が崩れないネックウォーマー

急に寒さが増しましたね。

マフラーは長くて嫌なので手頃なネックウォーマーが便利です。

上質な素材を使用した前ボタン付きのネックウォーマーです。

裏地は肌触りの優しいマイクロボア素材でふわふわ感たっぷりで暖かいです。

前ボタン付きだから髪型も、化粧も崩さず簡単に装着できるのが嬉しいポイントです。

コーディネートのアクセントになる柄は全部で4種類、男性にも女性にも使って頂けるアイテム。

この冬欠かせないあったかほっこりネックウォーマーです♪

前ボタン付きでコーデにアクセント。暖かいだけじゃない!こだわりネックウォーマー。

オシャレに暖かく決めましょう!






posted by itoksfan at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」あらすじ


父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。


娘の所属チームの研究者は、

2人の遺伝子パターンを調べさせて欲しいと依頼してきた。


しかし、了承するわけにはいかない。

父には、どうしても知られたくない秘密があった。

娘が産まれた19年前に始まった、忌まわしい秘密が。

カッコウの卵は誰のもの [ 東野圭吾 ]


父と娘、才能と運命をめぐる、忘れ得ぬ傑作です。



posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

東野圭吾「ダイニング・アイ」あらすじ


記憶を一部喪失した雨村慎介は、

自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。


なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。

事故の状況を調べる慎介だが、

以前の自分が何を考えて行動していたのか、

思い出せない。


しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める…。

ダイイング・アイ [ 東野圭吾 ]


驚くべき展開から目が放せない、

欲望と悪意わ煮詰めた異色の傑作です。



posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

古野まほろ「ヒクイドリ」あらすじ



山蔵県内で発生した交番連続放火事件。

放火の裏には、警察官同士の恋愛が関係していた。

犯人を追う県警。

タレコミにより、犯人が警察官で

スパイマスターの手先だと知ったエリート機関。


特命を抱えた警視庁長官直轄の秘密警察、

通称・警視庁図書館。

三者がそれぞれの思惑で、事件の捜査に乗り出すのだか…。

元警察官僚の経歴が納得の豊富な専門知識。

警察組織の勢力争いや駆け引きの様子を克明に描いた、

東大法学部卒、元警察キャリアによる、傑作ミステリーです。




posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

奥田英朗 「ナオミとカナコ」あらすじ


望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。

夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子。

「いっそ、二人で殺そうかあんたの旦那」


大学時代からの親友である2人はバディとなって運命を共にし、

1人の男を殺す計画を立てる。



30歳を目前にして、

受け入れがたい現実に追いつめられた二人が練り上げた

殺人完全犯罪プランの行方は…?



すべては泥沼の日常を抜け出して、

人生を取り戻すため自分の身を自分で守るために女

たちは立ち上がる。



わたしたちは、絶対に捕まらない…


虐げられた日常から勇気を持って踏み出すヒロインたちの姿は

窮屈な時代を生きる女性たちから多大な共感を呼ぶに違いありません。


思いつきに近い素人犯罪。

それだけにハラハラドキドキとスリリングな展開が待っています。

2014年随一の傑作犯罪小説です。


読者は2人が犯罪者であるにも関わらず

ヒロインたちに感情移入してしまい

「絶対に捕まらず生き延びて」と願ってしまうことでしょう。

 ナオミとカナコ/奥田英朗

2016年1月にはフジテレビ系列・木曜10時で

ドラマ化することも決定しキャストも決まった。

ナオミ役は広末涼子、カナコ役は内田有紀です。

10代の頃から活躍している2人ですが意外にも2人は今回が初共演です。



溢れんばかりの女性たちの心象、

女性の心理を深く切りとるストーリーを

どう描くのか期待が高まります。






posted by itoksfan at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徒然なる・・・戯言たち。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。