2015年06月30日

「本屋になりたい」あらすじ

大手書店の人文書担当だった著者は、

漠とした息苦しさわ抱え那覇支店へ異動。

そこで「本があって、人がいる場所をつくりたい」と、

沖縄にこだわる古本屋に転身した。

本を仕入れ、値を付け、並べ、売る。

市場の向かい、わずか1.5坪の古本屋ウララで、

本と人の間に立って働く日々を描く。



posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

幸徳秋水「二十世紀の怪物 帝国主義」あらすじ

「大逆事件」の首謀者として死刑になった

著者の代表作を現代語学。

日清戦争で日本中が野獣のような愛国心に駆られ、

戦争賛美の軍国主義が台頭した100年前の著者だが、

古今東西な事例を引きながら文明と

道徳の進歩を願う平和主義が今こそしみる。



posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

畑中章宏『「日本残酷物語」を読む』あらすじ


現在にも通底する貧困や災害被害、

社会からの孤立などを描いた

全7巻は昭和30年代刊行。

編集の中心となった宮本常一は

柳田国男の「常民」とは異なる民族像を打ち立てようとし、

気鋭の歴史学者や作家の原稿に一貫性をもたらせようと

谷川健一ら編集者がリライトした。

その後の民族誌、民衆史に多大な影響を及ぼしたシリーズを読み直す。



posted by itoksfan at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

今野敏「確証」あらすじ


都内で起きた強盗殺人と窃盗事件。

警視長捜査三課で盗犯一筋の萩尾秀一は、

2つの事件には繋がりがあるとして、

部下の武田秋穂とともに捜査を開始する。

強盗犯を追う捜査一課との駆け引きのなかで萩尾は何を見、

何を考えるのか。

確証 [ 今野敏 ]




posted by itoksfan at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

河合蘭「出生前診断」あらすじ



晩婚化が進行する一方で、

進歩の速度を加速させている

産科医療がもたらす光と影を追う。

医療者や体験者の生の声を拾いながら、

羊水検査、絨毛検査、母体血清マーカー検査、

超音波検査、NIPT、着床前スクリーニングなど

診断技術の課題を浮かび上がらせる。

出生前診断 [ 河合蘭 ]

胎児医療という新しい分野の可能性も紹介しています。





posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

黒田泰三「思いがけない日本美術史」あらすじ




一人として同じ顔がない「伴大納言絵巻」が

巧みな演出で示唆する歴史上の事件の真犯人とは。

華やかな遊興の場を描く「彦根屏風」の人物が、

深い愁いを帯びている理由は。


対立しただけではなかった長谷川等伯と狩野派の関係も謎めく。

12点の名作からミステリーのように魅力を解き明かす。

思いがけない日本美術史 [ 黒田泰三 ]



posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

筒井淳也「仕事と家族」あらすじ


先進国で高い出生率を示すアメリカとスウェーデンは、

女性の有償労働への参加度合いの高さでも際立つ。

一方、1970年代以降の施策で「共働き社会」への移行を逃した日本は

「働きづらく、生みにくい」国に。

「大きい政府か小さい政府か」ではなく、

労働と生活の質に目を向けないと解けない問題を、

データの国際比較と歴史的視点から導き出す。



posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

有元葉子「ちゃんと食べてる?」あらすじ


健康食やサプリメントへの関心が高まる一方、

ファーストフードが簡単に手に入る日常で

「食」を充実させる工夫をしてきた経験をつづる。


食材を選ぶ知恵、調理器具、だしの取り方、

おすすめ料理の豊富な具体例まで、

日々の食卓をライフスタイルにつなげる発想を提案する。

ちゃんと食べてる? [ 有元葉子 ]




posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

柚月裕子「ウツボカズラの甘い息」あらすじ


家事と育児に追われ、かつての美貌を失った主婦・文絵は、

出掛けたさきで中学校時代の同級生・加奈子と再会。


大きなサングラス越しにも分かるその顔は、

整形により美しく変貌を遂げていた。

そして、高級化粧品販売のビジネスに誘われ、

文絵は生き甲斐と大金を手にする。



一方、鎌倉で起きた殺人事件を追う、

神奈川県警の秦圭介と鎌倉署の美人刑事・中川菜月は、

事件現場を頻繁に出入りしていた

サングラスをかけた美女の情報を掴む。


謎の美女が絡んだ二つの事件は、

思いもよらない犯罪劇の幕を開ける。

ウツボカズラの甘い息 [ 柚月裕子 ]



posted by itoksfan at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
徒然なる・・・戯言たち。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。